Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

稽古

得物を使うコツ

twitterで少し書いてみたのだが、140文字では足りないためこちらでメモしておく。得物を握らぬこと まずは得物の執りかた。片手で軽く執ってダラリと提げる。その時の手のひらと得物の関係、力の抜き具合(これらを 手のうち という)を一切変えないで構える…

コツなど

色々と習い事をしてきた中で得たことをメモ。 初心のうちは、肘から先はないものとして、手ではなく、肘を操作する。 肘を使おうとすると肩が動くようになる。肩を動かすようにすると、背筋が働き始める。 最終的には背筋と丹田を繋げ、切先と直結する感覚に…

こだわりの歩法

俺は練習が嫌いである。限られた一日の時間の中で、わざわざ時間を割いてまで練習に没頭するのが嫌なのである。基本、怠け者だしね。 かと言って、それをしないで上達は望めない。屁理屈をこねくり回して近道や裏ワザ、小細工探して上達できるほど甘いもので…

後輩の合宿に参加

なんとか時間をやりくりして後輩の合宿に参加する。合宿地が幼い頃に訪れて、夜空の星々の美しさに感動したこともあって、遠方ながら参加した。残念ながら現地について早々に雨が降り出し、夜空を眺めることはかなわなかった。 稽古を横で見ながらフラフラす…

進境について

心気が充溢しないため、操体の工夫のみに堕してしまっている。体は意によって導かれるべきなのだが、泉から溢れ出すようには至らず。器を傾けて漏出させるようにしか使えない。しかし今のところ心気を練る状況にない。

猛烈に腹が減る

OBとして大学の後輩たちの合宿に参加。横から茶々を入れるだけにしたかったのに指揮及び指導を依頼され、2時間ほど大声を張り上げて叱咤鞭励を与えた。おかげで声がガラガラに。帰りの電車で缶ビール、缶チューハイ、ウィスキー缶水割りを飲んで、帰宅してか…

握り考

糞握りについて少しネットで調べてみると、モノを斬るには糞握りでなければならん!と力説する人が結構いるようである。いわゆる茶巾絞りみたいに、柔らかく持っていては剣が当たったときの衝撃で跳ねとんでしまうという。 おかしな話である。私はお互いの得…

久しぶりの稽古&酷暑

百日咳から回復し、久しぶりに稽古に出かけた。稽古中、ふとひらめきがあり下半身のふんばりと強張りを抜いてみた。するとスムーズに動けるように。ふんばりを抜きつつ臍下を充実させると力強くもするすると動ける。臍下以外は何にも要らないのだなぁと改め…

笑いながら稽古

後進の指導をしている時、妙にハイになっていて、体を動かすのが楽しくてしょうがない感じだった。先端の速度がとても軽快であり、運足から体の変転からすべてが軽々と行えていた。おそらくだが、姿勢が以前よりも楽に正しくなっているためだろう。真向法の…

真向法の影響

相変わらず股関節はかなり硬いままだが、稽古において真向法は顕著に影響を与えているように思える。上体を安定させるのが非常に楽で、運足の苦労が減っている。そのために知らず知らずのうちに先を取れるようになっていて、稽古全体が軽やかに行える。 まだ…

腰痛に悩む

腰が痛くてまともな稽古が出来ない。なので最も基本的な所からゆっくり見直すことに。基礎がイビツだと伸びるものも伸びない。イビツままでは行き着けない、ごまかしのきかない段階に至ったということだろう。

腰が痛い

先々週辺りから腰が痛む。若干ながら背筋が反り気味なので、腰に負担が掛かりやすいのである。足先がすこし痺れるから、おそらく軽いヘルニアを起こしているのだろう。 今日の稽古でも中腰から起きあがろうとすると痛みが走り、動きが止まる。正しく動くと痛…

いきなり寒くなる

天気予報で予告されていたが、昨日雨が降ったあといきなり寒くなった。気温差11度の急降下。これは正直堪える。 今週頭から、というよりちょっと前から稽古に本腰を入れている。審査の際に糞味噌に貶され、一度は辞めてしまおうと思ったぐらい萎えてしまった…

晴れ間続き

久方ぶりに稽古について書く。5月以降、ずっと晴れ間が続いている。完全な快晴などは一生望むべくもないが、曇天の中に日差しが見え、今までずっと続いている。この2〜3年、曇天の、あるいは土砂降りの中、ずっと光明を求めてもがいてきた結果が出ているのだ…

休みたかったが・・・

テレテレと足重く稽古場へ向かう。ちょっと見学して帰ろうかと思ったのだが、後進が熱心に稽古をしているのをみると休むことは出来なくなってしまった。いつもながら稽古着に着替えると気分が引き締まり、体調不良のことは考えなくなってしまう。習慣とは恐…

猛暑にへばる

盆休み中、何にもしていなかったこともあって今日の稽古はへばってしまった。暑すぎて嫌になる。期待していた雨も少ししか降らず、夜になっても暑いまま。大量の汗を流し、大量の水分補給を繰り返したせいか、体調がおかしくなってしまった。

光が差し込む

5月半ば頃から取り入れた丹田の充実と腰の矯正(退かない)が、非常に良い結果をもたらしている。指導者から明確に好転したとの評価を得た。とても嬉しい。辞めようかと思いながら続けてきたし、長い曇天をくぐり抜けただけに、この境地は久々の晴れ間に出…

使い方を変えてみる

今日の稽古では今まで以上に臍下丹田に気を込めて、姿勢を全く崩さず使ってみた。上半身が極めて楽に使えるようになる。これは良い感じ。ブラッシュアップしていこう。 昨日の稽古が激しすぎて疲れが残ってるのかと思ったら、風邪を引いていた。汗が止まらな…

某所で稽古会

ちょっと呼ばれた会合。ただの会合だと思ってたら稽古会だった。稽古の中で披露を行う機会があったのだが、どうも緊張してしまった。上がり症になってしまっているのかも知れない。流儀を行う事に恐れを感じている。

お気楽な観客気分

4日とは違う流儀の発表会。こっちはお客さんみたいなもんだから、出来が悪くて当然。一生懸命してるものの、なんだか赤ちゃんとか幼稚園児の気分。習い始めて日が浅いものな。

ちかれた

お稽古の発表会。たくさんの人に見守られつつ、頑張ってみました。不思議なほどに冷静でいられた。4月の大役の方が精神的にはキツかったと思う。ま、出来は良くなかったんだけどね。

久しぶりの稽古

ずいぶん久しぶりの独り稽古。なかなか時間が取れないのとやる気が出ないこともあり、とんとご無沙汰だった。一人で錬っていると止めどなくなる上、出来たと思う事がなく、気持ちが落ち込む方向になるのも一人稽古をしない理由でもある。 明日、ちょっと緊張…

任を果たす

正直疲れた。任を果たせてホッとした。エスコートって疲れる。相手を包み込みつつ、誘導し、長所を引き出し、それでいて自分を抑えるのではなく、全力であるかのように行わなければならない。精神力を3倍ほどつかわされる。まぁ、良い稽古にはなった。

悪癖が一つ治る

今日の稽古では長年苦しんできた悪癖が一つ治る兆しが見えた。ちょっと新しい展開になるかも知れない。足って大事だよねぇ。大事なの解ってるのに、解らなかったんだもんなぁ。 その他、上級者から特別に稽古を付けていただく。痛くてしょうがねぇ。

飲んで帰ってピアノ

ここんところずっと同じ人と稽古をしている。彼を引き立ててやる係に任命されているわけであるが、なかなか手こずる。相手を見る、見てから判断する、ということがどうしても出来ないのである。それはこちらが彼に要求する以上に見ていないからかも知れない…

根っこは一緒

ひさびさに月曜の稽古。最近少し足が遠くなっている。そのせいか、稽古が終わる頃にはバテてしまっていた。着替えていると先生から稽古に来ない割には上達しているのが不思議だ、と言われた。メインの流儀は続けているから、そちらでの進境が反映しているの…

一日指導

朝6時に起きて後輩の指導に向かう。眠くてかなわん。学生達に流儀のエッセンスをクドクドしく伝える。当然全部受けきれないだろうけれど、何度でも繰り返して伝えるしか無い。わずかでも考える手がかりにしてもらえれば、上出来な方だ。 少し冷えていたせい…

指導

朝から学生の指導に出かける。2時間ほど伝承の絶えかけている流儀について講義と実演を行う。今やこの流儀をわずかながらでも行えるのは俺だけになってしまった。こんな素晴らしいものを捨ててしまうなんて、今の日本はどうかしている。 学生達にエッセンス…

治らぬ悪癖

相変わらず悪癖が治らない。どうしたもんだろうかね。 今日の稽古では久しぶりに師範にお相手してもらえて嬉しい限り。但し私の相手と言うよりは後進の指導のついででしかないので、私には何の注文もなかった。恐ろしい先生である。何も言わないということの…

腰痛気味

先週辺りから右腰が痛む。足の指先に若干痺れがあるからヘルニア気味の腰痛であろう。稽古に行こうかどうしようか迷ったが、無理があったら途中でやめればいいやと思い、稽古に参加する。結果的には行って良かった。これを書いているのは2日後の土曜日である…