Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

便秘解消…、かな?

7月末頃から便秘に悩まされるように。何が原因だかさっぱりわからなかったが、今現在解消されていることを考えると、どうも冷房の効きすぎが原因だったようだ。
6月から職業訓練所に通っているのだが、講義室の空調が効き過ぎ且つ細かい設定ができず、固定されている俺の席次にちょうど冷風が当たる様になっている。7、8月はずっとその講義室で日中を過ごしていて便通が滞っていたのだけれど、9月に入って空調があんまり効いていない加工室での加工実習に入るとお通じが復活した。
苦しんでいる間、便秘の先輩である姉に色々と尋ねてみたところ、以下の様な対処法を教えてもらった。

  • Contrex」というミネラルウォーターを1日1.5L飲む
  • にがりを摂取する
  • 食物繊維を大量に摂取する
  • 植物性乳酸菌ラブレ」を就寝前に飲む
  • ヨーグルトにオリゴ糖を掛けて食べる。

などなど。
要するに下剤を飲んで、整腸作用のある乳酸菌(とその餌および寝床)を摂取せよとのこと。姉の言いつけについては「にがり」の摂取以外を試してみたが、不思議な事に試した直後は便通があるのだけど、2〜3日すると効果が薄れる。おそらくホメオスターシスを保つ働きが便秘を維持しようとするのだろう。
つまり、便秘は異常な環境(暑い季節に反する継続的な冷風曝露)への適応なのかもしれない。異常な状況には肉体は異常な反応を示すのだろうけど、その反応には今までの進化の歴史が反映されている筈。どういう理屈で便秘状態を維持しようとするのだろうか?

便秘に悩まされている間は辛かった。お腹は張るし、イライラするし、放屁かもしれないちょっとした便意も蔑ろに出来ず排便を試みなければならないし。かといって必死で踏ん張ってもそれに見合ったお通じはないし。

今ではすっきりとしたお通じがあると気分も爽快だし有り難いなーと、ほんのり感動したりするぐらい。