Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

エレクトリックライトセーバー

レッドマーキュリーからアナキンとベイダーのエレクトリックライトセーバーが届いた。

"include lightsaber battle DVD"とあるが、こんな感じのハーフサイズDVDが添付されている。

CGアニメ、クローン・ウォーズと映画本編から下記のようなバトルが収録されていた。

  • ドゥークー vs アナキン(CW)
  • ヨーダ vs ドロイド軍(CW)
  • オビワン vs ダースモール(TPM)
  • アソーカ vs アサージ(CW)
  • オビワン vs グリーバス(ROTS)
  • メイス vs シディアス(ROTS)
  • ルーク vs ベイダー(ROTJ)

など。映画そのままというわけでなく、音楽は別のものに差し替えられている。ベイダーもアナキンも内容は同じ。
箱から出してブレードを伸ばすとこのような長さ。

FXオビワンTPMと比較。

さすがに作りはちゃちい。素材は全部プラとか樹脂。電源を入れて音を出してみる。まずはアナキン。

続いてベイダー。

割といい音がしている。さすがにFXセーバーより劣るが、FAセーバーよりずっといい。このままで遊んでもいいのだけど、MHSに組み込みたいためバラす事にする。もう一本、別の店からオビワンモデルが届くため、青二本が残るよりは青赤残したほうがいいだろうと、アナキンを分解。

ハズブロのオモチャらしく、エミッター(鍔元)とポンメル(柄頭)が接着されているため、ネジを外しただけでは分解できない。ノコでガリガリと切り離した。スイングセンサーがポンメル部分に、基板と衝撃センサーがエミッター部分にセットされている。
基板を外してみた。


LEDをハメ込んだ部品が基板に差し込まれて裏側でハンダ付けされていた。このままでは使えないのでハンダ吸いとり線でハンダを除去して外し、以前作成した回路図に従って配線を行う。ハンダ付けたりコネクタ作ったりと色々行って出来た回路が下記写真と動画。


あとはMHSに組み込むだけ。ちなみに使った部品は以下のとおり。

  • LED LuxeonRebel 緑
  • LEDドライバ BuckPuck 700mA
  • トランジスタ MJE2955T(Vceo=60V, Ic=10A, hFE=100, Pc=75W)
  • TCSSプレミアムスピーカー&バッテリーケース