Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

コンバート難易度

今取り掛かってる最中のベイダーANHも含めて、4本ほどコンバートをやってみた。経験から言って、コンバートの難易度は難しい順で言うと下記のとおり。

  1. オビワンTPM
  2. アナキンROTS
  3. ベイダーANH
  4. モールTPM

オビワンTPMは最初にとりかかったこともあって、慣れてなくて苦戦の連続だったが、慣れを除いても難しいほうだと思う。分解のためにストラップレンチが必要になるし、内部パーツの切断とタッピングも必要になる。その反面、アナキンやベイダーと違って塗装を必要としない。綺麗に仕上げるためには王冠状部品を固定するキャップスクリューの穴を何かで埋めないといけないけれど。
アナキンROTSとベイダーANHは作業工程自体は大差ないが、アナキンROTSはスイッチボックスのパネルなどの接着部品を綺麗に剥がすのがちょっと難しい。両者ともに内部パーツの切断が必要だがタッピングしなくていい。だが、綺麗に仕上げるために塗装などの手間が必須になる。
モールTPMは内部パーツの切断が必要でなく、分解も非常にらくちん。電池ケース格納部のシュラウドの除去がちょっと面倒なぐらい。タッピングが最難関なぐらい、簡単にコンバートできる。
ただ、難しい、難しくないの差はあんまりない。丁寧に手順を追っていけばいずれも綺麗に仕上げることができるとおもう。
TCSSのコンバートチュートリアルを眺めてて、難しそうだと思うのはドゥークー。青龍刀みたいな柄で振り回すと面白そうだから、いつかやってみたいんだけどね。