Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

STRiDAトラブル履歴

STRiDAでたまに起きるトラブルとその対処についての履歴。

 

ペダルを強く踏むとギシギシと異音がする。

→セーフティクランプにグリスなど油を塗布する。

 

ペダルを踏むたびにカリカリと音がなる。

→ベルトドライブ周りを布で拭いたり、エアーで吹いたりして清掃する。

→後輪右側の関節部分に油を塗布する。

 

ハンドルの固定レバーをかなり強く締め付けないとハンドルがぐらつく。

→固定レバーの一部パーツ(リング状の樹脂部品)が破損か何かで欠損していた。

 

購入後3ヶ月してパンクした。

→毎週一度、タイヤ空気圧が6bar(87psi)程度になるよう、空気を注入するようにしてからはパンクなし。

 

購入後、1年4ヶ月で後輪タイヤが摩耗

→タイヤの裏地みたいなものが表面に浮かび出るように。

後輪に体重がかかるのと、ブレーキを後輪側で多用する(スピードが出ている際は前輪にブレーキかけると後輪が浮き上がって前転する危険がある)ため、前輪に比して後輪が摩耗しやすい。タイヤサイズも小さいため、一般のママチャリなどに比べて摩耗→交換の頻度が高くなるようだ。

交換作業に自信がなかったのため、購入店で純正タイヤに取り替えてもらった。作業費含めて3000円程度。