Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

息子が産まれた。

ほぼ十月十日の妊娠期間の末、息子を授かりました。この日は2018年の最初に観測される皆既月食の起こる日であり、同時に最も大きく見える満月のスーパームーン、更には月食時に太陽の光の加減によって突きが赤く見えるブラッドムーンが重なる日でもあった。巷ではブルームーン(一ヶ月に二回満月が起きること)も重なって「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」とも呼ばれていたが、厳密にはブルームーンではなかったらしい。
歴史上の人物の誕生日では、徳川家康シューベルト、クンマー(数学者)などと同じ日。
でもそんなことはどうでもよくて、無事に産まれた我が子に会えてほんとに幸せ。
出産には立ち会えず、分娩室から出てきたとこで初対面。ものすごく元気な声で泣いてくれていて、それだけで健康なのがわかった。足の力が強いようで、保育器の中でうつ伏せの状態から、自分の体を持ち上げるぐらいに保育器の底を蹴っていた。体を触るととてもしっかりした体つき。赤ちゃんって、もっと柔らかいものだと思っていたので驚き。体重2640g。小柄だけど驚くほど元気。
そのまま、健やかで朗らかに育ってくれたまえ!