Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

Consular追記

シュラウドを固定しているキャップスクリューは9/64インチの六角レンチで開け締めできる。下記のレンチセットを購入するハメになった。これ一本でブレード固定のイモネジ(5/64インチ)も開け締めできるからお得と言えるか。

BONDHUS(ボンダス) ナイフ型六角レンチセット9本組 インチタイプ MHF9S

BONDHUS(ボンダス) ナイフ型六角レンチセット9本組 インチタイプ MHF9S

頼むから合衆国もSIを採用してくれよ〜

シュラウドの縁は手に当たる外側は怪我しないようにきちんとヤスリがけされてるが、ヒルトに接触する側は少しバリが残ってる。頻繁に脱着するのであれば、ヒルトを傷つけかねないからペーパーがけしとくべきだろう。

色を塗るためにスイッチを外そうとしてみたが、裏側でナット留めしてなくて接着してある様子。かなわんな。また今度ドライヤーで温めて、接着剤を緩めてみるか。
スイッチはねじ込んであり、これが少し固い。配線をハンダ付けしたスイッチをねじ込んでからObsidianにハンダ付けしてあるため、取り外すためにはハンダ付けを外す必要がある。

ObsidianボードをUSBでパソコンにつないでみた。Ultrasabersの紹介ビデオを見る限り音色パターンがいくつか内蔵してあると思ってたけど、そうではなくて初期設定パターンしか無いみたい。後日、別料金でフォントセットを売り出すそうな。