Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

真三國無双6

2ちゃんあたりでは「真三國無双は偶数が良作」と言われているが、俺も賛成。1は別として、3と5は散々な出来だった。そして2と4はどちらも良作で延々と遊ぶことが出来た。
6作目となる今作はストーリーモードが正史と演義準拠となり、晋の勢力が登場したこともあり、過去作に見られたような魏呉蜀がそれぞれ天下を統一するという無理矢理感は無くなった。ストーリーの進行にともなって操作するキャラクターが変更されていくのだが、ゲームとかでキャラから入った人には辛いのかも知れないが、もともとの三国志演義もそういう構造だったのだから、そちらから入った俺には全く違和感がない。「赤壁曹操が勝ってたら」などの歴史のIFは味わいづらくなったが、正史や演義ファンにはそのほうがいいだろう。
ゲームそのものの楽しさもよく練られており、雑魚をなぎ倒していく爽快感が損なわれていない。攻撃&成長方法も不評だった5ではなく4までをベースとして追加要素が手堅くまとめられている。インターフェース周りにも安心感がある。
従来の準備画面は廃止され、その代わり自由に動き回れるロビーのように成ってて、装備のチェックはもちろん、うろついてキャラクターたちに話しかけることが出来る。必ずダジャレを言う奴がいて、それを探しまわるのも楽しかった。
フリーモードも廃止されて、その代わりクロニクルモードというのが用意されている。中国をヘクスマップに見立てて250ステージ以上が用意されている。
俺が一番遊んだ無双は2。ハードモードで甘寧を使うのが常だった。チラツキが発生するぐらい大量に発生し、容赦ない攻撃を仕掛けてくる敵兵を甘寧の無双乱舞で蹴散らすのがとても楽しかった。
真・三國無双6(通常版) - PS3