Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

停滞気味

回路はテスト済みで、後はシンクチューブにデコレーションを貼っつけて、MHSへ回路を組み込むだけ。しかし、回路にメインスイッチを割り込ませて、使用してないときはボードへの電力供給を遮断しようと思い立ったため、回路の組み込みは一旦お預け。
先にシンクチューブにデコレーションを貼りつけてしまうことにした。接着はエポキシ系接着剤を用いた。がっちりと固まってくれる。




面倒くさかったため、接着面のクロムメッキを削り取るなどのことはしていない。だから強い衝撃を与えるとひょっとするとメッキ層ごと取れてしまうかもしれない。その時はその時だ。
ネジのたぐいは全て足を切断して、MHSに触らないようにしてある。エミッター付近のウサギ耳もどきは裏側をチューブの湾曲に沿うようにサンドペーパーで削ってある。ウサギ耳もどきの後ろのつまみは真鍮製装飾ネジ。これも足を切って、接着面を曲面に削り落とした。
MHSとの固定は2本のキャップスクリューでブレードホルダにネジ止めするようにし、そのキャップスクリューのうち片方をリテンションスクリューとするつもり。