Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

ゆっくり動けない

最初から最後まで指導の日。ある程度できる人たちを自律するに任せ、初心者を指導する。初心者の指導は実に興味深く楽しい。なぜなら動きの基本を再検討する事ができるからだ。動き方が解っていない人に指導するには、かなりかみ砕いて教える必要がある。そこで自分自身の理解度が測れるし、噛み砕く際の工夫によって得れる事、確認できる事がとても多いのだ。
この日は基本中の基本を分解しながら教えたが、その中で基本をゆっくりと行わせてみた。予想通りできない。体重の載せどころ、移し方を理解していないので不安定な状態に耐えきれず、早く安定した状態に戻ろうと、安易に足を進めてしまうのである。一見、勢いがあって良いように見えるが、中身はスカスカである。一旦スタートすると止められない公共事業のようなもので、情勢や環境に合わせて中断・変化する事が出来ないのでは技とは言えない。単なる慣性運動でしかない。

噛み砕いて教える際に、体重移動についてのヒントを少し得た。最初は出来なかった初心者達もなんとか要点を飲み込めたようで、通常の速度に戻した際に動きの質に向上が見られた。でもすぐに忘れちゃうんだよね。忘れて思い出しての繰り返し。