Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

ごっつええ感じを観る

DVDが出ていたのを知って、久しぶりに「ごっつええ感じ」を観た。初めて観るコントもあって、腹筋が筋肉痛を起こすほど笑った。
突拍子もない設定に妙な真面目さを組み込むのが「ごっつ」の妙味の一つで、非日常の中の日常(あるいはその逆)のズレ加減が堪らなく笑える。もちろん妙味はそれだけではなく、日常の極みともいえる松本演じるところの「オカン」は絶品といえよう。
ただし俺は「やすしくん」が笑えなかった。息子の木村一八が怒るのも無理ないぐらい不快な代物だと感じるからだし、横山やすしと彼の時代的な立ち位置が理解できないと笑えないので、普遍的なものでないと思うからだ。後半期によく見られた東野いじりも、しつこすぎた感がある。
それでも、よくもまぁこんなアナーキーなものが日曜の夜8時に放送できたなと感心する。今なら間違いなく苦情が殺到して打ち切りとなるだろう。