Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

東京日本橋の蔦カレー

都心部オフィス街のカレーというと、どうしてもこういう無難なカレーばかりなのだが、東京で働いていた頃、勤務先の近くにあった日本橋三越前の蔦カレーは強烈だった。
蔦カレーは正式な店名ではなく、煉瓦造り風の建物一面に蔦が絡まっており、店の看板は「珈琲」とあるだけ。しかし、この店で珈琲を頼む事はまずない。店に入って席に着くと、有無を言わさず1200円と書かれた伝票を置かれる。そしてカレーが運ばれてくるのである。この店ではそのカレー1品目しかないのだ。めっぽう辛いが味わい深く、食べたあとは爽快になれる。値段は高いけれどそれに見合った値打ちがある。東京を離れて7年になるが、いまだに味を思い出せるぐらい印象深く旨いカレーだった。紹介しているブログがあるのでトラックバックを入れておく。
さがしてみると蔦カレーの勝手応援サイトがあったのでリンクしておく。

2008/4/28追記
勝手応援サイトを久しぶりに開いてみてビックリ。2007年5月に蔦カレーが閉店しちゃったとのこと。俺も40を目前としているわけで、年々、一期一会を痛感することが多くなっている。もうあのカレーは食べれないのか…。