Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

某所で稽古

ひたすら暑い。稽古するのが嫌になる。この日は後進の指導に専念。引き立てつつ、目線を切らない、腕力を使わない、体でつかう、を繰り返し後進に注意する。伸びやかに使えるよう、気を楽にさせて使わせる。
稽古が終わったあと、横で見ていた稽古仲間が後進の使いようを褒めていたから、間違った稽古ではなかったのだろう。
今の自分には歩くべき道筋は見えていないのだが、歩き方は見えてきた。しかしそれも束の間で、やがては今のやり方を幼いとみて否定することになるのだろう。