Look at the Bright side of things

Anderson's Blog - since 2005

久しぶりの道場

少し時間が取れたので、学生時代に通い詰めていた道場へ久しぶりに顔を出す。道場の近所の街並みや道場自体の造作も少し変わっていて、少し浦島太郎気分。
後進の指導を行いつつ、それを自分の稽古として味わう。下手な相手が上手くなれば、その分こちらも技が向上する。足と視線を直してやるだけで技の斬れ味が格段と変わることを実地で示してやる。それだけ示せばあとは自分でどんどんよくしていってくれる。
私などはまだまだ口で説明しないといけないのだけれど、うちの宗家は恐ろしいことに、何も言わなくても、前に立って相手をしてやるだけで、その人の技前を向上させてしまうのだ。姿勢から何から全部綺麗に変わる。一体どうやってるのかサッパリ解らない。これ以上ない、というぐらいに正しい技を使っているために、相手も正しく使わざるを得なくなっているのかもしれない。手のひらで転がされるようなものであるが、転がされている感覚は全くない。ものすごく気持ちよく使える。
もちろん、転がされているだけだから自分の手柄ではないので、そうやって直されてもすぐに元に戻ってしまう。そうすると今まで気持ちよかっただけに、自分の苦しいところがハッキリ解るので、それを直すべく取り組むことによって、稽古が先に進むのである。ある意味、究極の指導・教育法であろう。